発達障害児の育児

発達障害児の育児

自立への道~20歳を迎えて

旧 みかん手帖からの移転記事です。(タイトルは変更しています) 20歳を迎えました 今年は私とオットにとって、とても感慨深い年です。 次男は20歳、成人式です。 就職をして、社会人となって20歳を迎えました。 まだまだサポートが必要だし、一...
困りごと

口内過敏と歯科矯正

次男はひどい乱杭歯でした。 歯科矯正をするまでを書いてみたいと思います。 口内過敏の影響か 噛まないとアゴが成長しない 口内過敏がある次男は、離乳食が始まってもなかなか「噛む」ことをしませんでした。 あまり噛まずにできるだけ飲み込んでしまっ...
困りごと

給食をやめたい、と言ったら

口内過敏で給食が食べられない 口内の感覚過敏がある次男、魚と生野菜以外はほとんど食べられませんでした。 自宅では調理を工夫したり、わからないように混ぜ込んだり、好みに合うように なんとか試行錯誤して食事ができるようにしていました。 ですが、...
困りごと

社会性が未発達ということ

次男は幼稚園に入園する前から、何度も小児科で発達を診てもらっていましたが、 その時から「社会性が未発達」と言われていました。 社会性が未発達って、具体的にどういうことなんだろう。 自分の欲求、社会の要求 次男は指示をきかない子でした。 例え...
療育

馴染めなかったプレ幼稚園

幼稚園の入園前の1年間、発達支援センターに通うのと同時に、プレ幼稚園にも通いました。 発達支援センターは週に2回、火曜と木曜。 プレ幼稚園は週に1回、水曜日。 みんなの中では浮いていました プレ幼稚園に行ったのは、その幼稚園に入園させる予定...
療育

発達支援センターでの療育

次男は幼稚園入園前に約1年間、発達支援センターに通いました。 週に2日、10時から14時まで、昼食をはさんで保護者一緒に療育を受けていました。 発達支援センターへ 3歳児健診で言葉が出ていないこと、目を合わせようとしないことを指摘され、市の...
困りごと

感覚過敏 ~聴覚過敏~

聴覚過敏について 次男にはもうひとつ、聴覚過敏があります。 楽器を使っての演奏、子どもたちの歌声、騒がしい場所などが苦手です。 そのため、音楽の授業は受けられませんでした。 幼稚園の発表会 なんだか変だと気づいたのは、次男が2歳の時、長男の...
困りごと

感覚過敏 ~口内過敏~

感覚過敏とは 感覚過敏とは、感覚がとても敏感で、生活に大きな不便があることをいいます。 発達障害のお子さんに多いと言われ、次男もこの感覚過敏のため育てにくく、 また本人が一番苦労をしたし、今もなかなか大変な思いをしています。 口内過敏 一番...
学習支援

指を使って足し算引き算

低学年のお子さんに多いのでは?と思うのが、足し算引き算に指を使うこと。 保護者さんもそれを見て、指を使わないで計算できるようにしたいと思うのではないでしょうか。 どうして指を使ってはいけないの? 次男も指を使って計算していました。 本当は親...
困りごと

エナメル質形成不全症

次男は小さい頃から、歯の問題が多々ありました。 歯以外の口腔トラブルも何度か。 本人を説得して連れていくのが大変で、またおとなしく治療を受けさせるのも大仕事でした。 エナメル質形成不全とは 歯の表面のエナメル質が生まれつき正常に作られず、変...