発達障害のある息子を育てて

発達障害児を育てて 発達障害児の育児

軽度、とは言われたけれど

子どもが二人いるのですが、次男は軽度の発達障害があります。

この「軽度の」というのが、とっても曲者。

はっきりとは言えない、グレーゾーン。

医師からは「障害がある、とは断言できない」と言われ、

進学予定の小学校からは「障害がないのなら、補助のサポートはできません」と言われ、

幼稚園からは「教室にいることができません。運動会の練習を一緒にできません」と言われ、

毎日おもらしのパンツを持たされて帰って来る・・・

もしかしたら障害ではないのかもしれない、と淡い期待に必死にしがみつきつつ、

それじゃ、この状態はどうすればいいんだ!と頭を抱えました。

知的・発達障害者の就労自立支援 (特別支援教育ONEテーマブック)

新品価格
¥1,760から
(2020/6/30 22:49時点)

一人で生きていけるよう就職させる

この、どうにもこうにもならない状況で、将来この子はどうなるのか。

このころはまだ次男の状態に理解のなかった夫と、ケンカをしつつ話し合い、

立てた目標が「一人で生きていけるように就職をさせる」でした。

障害がある子どもとして療育し、今困っているのをなんとかしたい私と、

社会に出たらサポートなんてないんだから、みんなの中で普通の教育を受けさせるべきだ、

というオットと、まったく意見が合わなかったのですが、

ただひとつ一致したのが、最終目標「就職」でした。

そして現在、次男は一般の枠で就職し、会社員になっています。

まだまだサポートは必要ですが、なんとか目標達成です。

目標の共通認識を。

子どもの成長に、夫婦で、家族で、そして本人も、目標を共通で認識する。

これはとても大切なことだと思います。

障害があっても、なくても。

また、目標を一致させるのはとても難しい。とにかく話し合いです。

我が家も成長過程で何度も何度も話し合い、学校とも話し合い、情報を集め、検討しました。

その時に学んだことを、悩んでいる方々に少しでもお役に立てればと思っています。

こういう情報は、子どもが小さいうちはたくさんあります。

だけど成長するにつれて、みんなどういう教育をしているのか、どんな進学先があるのか、など

どんどん分からなくなってきます。

どう調べたのか、何を比べたのかなど、経験したことをお伝えできればと思っています。

にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ
にほんブログ村

コメント

  1. イヤホン より:

    こんにちは
    子どもにとっては、家族の理解と協力が欠かせないと思います。
    軽度の発達障害とはいえ、色々困難とちゃんと向き合えてきましたご両親も、本当に偉いです。
    息子さんもとても素晴らしい家族に会えて幸せだと思いました。

  2. まの まの より:

    イヤホンさん
    コメントありがとうございます。
    軽度とは言われましたが、行動はとても軽度とは思えない状態でした。
    言葉も通じないし、小さい頃が一番大変な時だと思います。
    まずは障害を認めて向き合うことが大切ですね。
    我が家では小さい頃から、進学する時、社会に出る時のことを
    オットが真剣に考えてくれていたのが良かったと思っています。