自立への道~20歳を迎えて

成人式 発達障害児の育児

旧 みかん手帖からの移転記事です。(タイトルは変更しています)

20歳を迎えました

今年は私とオットにとって、とても感慨深い年です。

次男は20歳、成人式です。

就職をして、社会人となって20歳を迎えました。

まだまだサポートが必要だし、一人前になるのはずっと先だと思いますが、それでも

17年前には想像できなかったくらいの「良い未来」を迎えられたと思っています。

言葉が出ない、オムツが取れない、給食が食べられない、授業に出られない、そんな悩み、

苦しんだ日々からは、考えられないほど良い現在を。

今も時々オットと、がんばってきて良かったと話しています。

ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手に働くための本

新品価格
¥1,584から
(2020/11/4 13:44時点)

希望を求めて

当時、まだ少なかった発達障害の情報を検索し、ブログなどで「大学に進学しました」とか

「就職が決まりました」のような希望が持てる記事を探して、心の支えにしていました。

いつか、私の息子もそうなれる日が来るように、頑張ろうと。

就職できた今でもそう。

つらい経験を共有することも大切だと思いますが、その後の未来が希望を持てるものだと

自分もそんな良い未来へ進める気がするのです。

私がここでブログを書くことで、それが今、お子さんたちの将来を考え、療育をがんばる

保護者さんたちにとって、何か希望を見い出す糧になれればうれしいと思っています。

自立の日のために

もちろん、就職をした今は、新たな課題が山積みです。

会社には、私たち保護者は乗り込んで行くわけにはいきませんからね。

今できることは、次男の精神的な支えです。

いつか次男が一人で、一人の力で生きていけるよう、時間をかけてサポートしていこうと思います。

にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ
にほんブログ村

コメント